トップページ > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

2017年11月 1日
ミャンマー電力発電公社よりタケタ複合火力発電所改修案件を受注

丸紅パワーシステムズ株式会社(代表取締役社長:室家 健、以下、「MPSC」)は、ミャンマー電力発電公社(Electric Power Generation Enterprise、以下、「EPGE」)よりタケタ複合火力発電所改修案件(以下、「本プロジェクト」)を受注し、10月31日に契約を締結しました。改修後の出力は約66MW、受注金額は約25億円です。本プロジェクトの資金は日本政府の円借款によって賄われ、2016年4月のミャンマー政権移管後、電力セクターにおいて初めて締結された円借款契約となります。

本プロジェクトは、ヤンゴン市内のタケタ地区に位置するタケタ複合火力発電所(既存発電所の出力:現状約24MW)のガスタービン及びガスタービン発電機を改修し、より高い出力・効率を実現するものです。MPSCは、設計・調達から据付工事、試運転までを請け負い、2019年10月の完工を予定しています。ガスタービン関連パーツはGeneral Electric International, Inc社(米)及びGE Global Parts & Products GmbH社(スイス)より、ガスタービン発電機関連パーツは三菱日立パワーシステムズ株式会社より調達する予定です。

タケタ複合火力発電所は、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)が1990年に先ずガスタービン単体の天然ガス焚き発電所として建設し、1997年に排熱回収ボイラー、蒸気タービン及び発電機を加え、複合火力化を請け負った発電所です。本プロジェクトは、ガスタービン及び発電機をそれぞれ改修し、最新の技術を活用することでより多くの出力(ガスタービン単体3基合計:約66MW)を確保するものです。

MPSCは丸紅と共にミャンマーで数多くの発電所を建設した実績を活かし、今後もミャンマーの安定した電力供給に貢献していきます。

以 上


<EPGE概要>
会社名:Electric Power Generation Enterprise
設立:2016年4月
代表者:Mr. Khin Maung Win
沿革:2016年4月に発足したミャンマー新政府の下、電力省とエネルギー省が合併し、電力エネルギー省を設立。同省の下、電力発電公社として、設立された。

<案件概要>
案件名:タケタ火力発電所改修案件
客先:EPGE
資金:日本政府円借款
プラント構成:ガス火力発電所改修工事契約一式(ガスタービン及び発電機各3基、改修後合計出力:約66MW)
受注金額:約25億円
建設予定地:ヤンゴン市内タケタ地区

2017年 7月19日
インドネシアPT Indonesia Power(Persero)社より大型複合火力発電所建設案件を受注

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、General Electric社(以下「GE」)及びPT Hutama Karya (Persero)社(以下「HK」)と共同で、インドネシア国有電力会社PT PLN(Persero)社(以下「PLN」)の100%子会社であるPT Indonesia Power(Persero)社(以下「IP」)より、タンバロロック複合火力発電所Block 3案件(以下「本案件」)に関わる一括建設請負契約を2017年7月14日に受注しました。本案件はIPによる過去最大規模の開発案件であり、出力は約780MW、総受注額は約410億円となります。

本案件はインドネシア中部ジャワ州スマランに位置する既存発電所に新規複合火力発電所を建設するものです。設計、調達から土木・据付工事、試運転までを手掛けるフル・ターンキー契約で、2020年中の完工を予定しています。ガスタービン・蒸気タービン、発電機等の主要機器はGEが納入し、土木工事をHKが担当、排熱回収ボイラーを含む関連補機の調達や据付工事等を丸紅が取りまとめます。
本案件は丸紅がGEと初めて共同で取り組む大型複合火力発電所建設(EPC*)案件であり、今後も良好なパートナーシップを発展させていきます。

丸紅はこれまでに全世界で約110,000MWの発電所建設に携わり、インドネシアにおいては本案件を含め合計約7,600MWの発電所建設実績に加え、IPP(**)事業においても約1,500MWの持分発電容量を有しています。堅調な経済成長下で逼迫する電力需要に対応すべく発電設備増強が数多く計画されている同国では、IP含むPLN子会社が発電所を開発する案件が増加していく見込みであり、本案件を通じてIPとの良好な関係を維持・発展し、今後も建設・運営の両面から発電所設備増強への貢献を目指します。

(*) EPC : Engineering Procurement Constructionの略。
(**) IPP:Independent Power Producerの略。独立系発電事業者。
以上

2017年 3月 1日
総合職会社説明会を開催します。

会社説明会ご参加頂ける方は以下よりご予約お願い致します。
https://job.mynavi.jp/18/pc/corpinfo/displaySeminar/index?optNo=duZ-QC&corpId=91664



【会社説明会概要】
所要時間 : 2時間

前半(1時間)説明会
・会社概要
・営業部の先輩社員紹介 (担当案件、どんな仕事をしているか、海外出張について、やりがい等)
・質疑応答 (会社、仕事の内容を始め、どんなことでも遠慮なくご質問ください。)

後半(1時間)懇談会
説明会終了後、若手社員との懇談会を実施いたします。
お時間ございましたら、是非ご参加下さい。


【説明会日時】
3月10日(金) 10時~12時/14時~16時
3月15日(水) 10時~12時/14時~16時
3月22日(水) 10時~12時/14時~16時
4月4日 (火) 10時~12時/14時~16時
4月5日 (水) 10時~12時/14時~16時
4月6日 (木) 10時~12時
4月7日 (金) 14時~16時
4月10日(月) 10時~12時/14時~16時
4月11日(火) 10時~12時/14時~16時
4月12日(水) 10時~12時/14時~16時
4月13日(木) 10時~12時
4月14日(金) 14時~16時

【場所】
東京都中央区日本橋2丁目7番1号東京日本橋タワー

【最寄駅】
東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅B6出口直結
都営地下鉄浅草線 日本橋駅B6出口直結

【持ち物】
エントリーシート(後日当社より送付致します)


【お問い合わせ先】
丸紅パワーシステムズ(株) 採用担当
saiyo@marubeni-mpsc.com
03-3286-9000


2017年 1月25日
タイ電力庁より大型複合火力発電所建設案件を受注

2017年1月25日
丸紅株式会社

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、独シーメンス社及び同社タイ現地法人(以下「シーメンスグループ」)と共同で、タイ王国電力庁(Electricity Generating Authority of Thailand、以下「EGAT」)よりサウスバンコク複合火力発電所リプレースメント(代替)案件を受注しました。出力は約1,200MW、総受注額は約600億円となります。



本件はバンコク近郊のムアン地区、チャオプラヤー川沿いに位置する現在稼働中の旧式の火力発電所を、高効率で環境負荷が小さい複合火力発電所にリプレースするものです。設計、調達から土木・据付工事、試運転までを手掛けるフル・ターンキー契約で、2019年末の完工を予定しています。ガスタービン・蒸気タービン、発電機、排熱回収ボイラー等の主要機器はシーメンスグループが納入し、関連補機の調達や土木設計、土木・据付工事等を丸紅が取りまとめます。



丸紅・シーメンスグループは過去10年間にタイにて同規模の案件を計4件共同受注しており、今回の受注は、丸紅・シーメンスグループのこれまでの実績と高い技術力が評価されたものです。また、丸紅の50年に及ぶタイにおける発電所受注実績は本件を含め合計約11,000MWとなり、タイの総発電容量の約30%に達します。



タイでは複合火力発電所をはじめとする大型発電所の新規建設案件が複数計画されています。丸紅はこれまでに培った豊富な実績を活かして、引き続き同国での安定した電力供給に貢献していきます。

以 上

<EGAT概要>

設立:1969年

代表者:Mr. Kornrasit Pakchotanon

所有発電容量:約16,500MW (タイ国の総発電設備容量の約45%)

売上高(2015年度):5,463億タイバーツ(約17,800億円)

事業内容:発電所・送変電設備の建設・所有・運転及び売電



<案件概要>

案件名:South Bangkok Power Plant Replacement Project Phase 1

客先/資金:EGAT/自己資金

プラント構成:ガス焚き複合火力発電所一式 約1,200MW(ガスタービン、排熱回収ボイラー、蒸気タービン、発電機各1台)×2系列

受注金額:約600億円

建設予定地:バンコク近郊、サムットプラーカーン県ムアン地区