明解!電力プロジェクト

契約履行

遅滞なく契約条件に従って契約履行するのが次の仕事、「契約履行業務」です。日本ではプロジェクトチームを立ち上げ、顧客・パートナーなどとの折衝に当たります。また、現地では工事事務所を開設し、当社からはもとより、パートナー・下請業者からもエンジニアを派遣し、現地でも従業員を採用し業務に当たります。

完工までの道のりは、たやすくはありません。工程表に基づき、設計・エンジニアリング・図面承認・製作・調達・出荷・土木据付・試験などをこなし、完工となります。また、現地業務をスムーズに進めるためには、顧客のみならず関係省庁との折衝を通じ許認可取得が必要となります。

昨今の海外プラント建設現場では、様々な国から人と物が集まります。これまで以上に工事現場の運営には配慮が必要です。また、当然のことながら、安全管理面への注意を怠ることはできません。

完工をもって設備は顧客に引き渡されます。契約発効から完工までは、火力発電所建設で通常2〜5年の歳月を要します。プラント案件に携わる者にとっては、契約調印時と同様に、完工の瞬間が最も安堵と達成感を味わえる瞬間であると言えるでしょう。

契約履行 契約履行