永石 平
Interview 04
人と人をつなぐ商社ならではの仕事が魅力
Profile
名前
永石 平 Taira Nagaishi
所属部署
営業本部 EPC第三部
職種
総合職
出身学部
理工学研究科
入社年
2017年
担当国
バングラデシュ
趣味
読書

「社会とつながりたい」という思いから、研究室を出て就職を決めた

大学の専攻は理系です。大学院ではバイオマスのガス化を研究していました。学部時代はそれなりに遊んでいましたが、修士課程に進んでからは、朝から研究室に籠って夜遅くまで研究、という日々でした。学生生活全体としては、遊びと学業のバランスは程よかったのではないでしょうか(笑)。
修士号取得後、博士課程に進むことも考えましたたが、就職活動に取り組むことにしました。もともと勉強は好きでしたが、好きなことだけしていていいんだろうかという思いがどこかにありましたし、研究室の限られたメンバーとのコミュニケーションが大半で、自分が社会の一員であるという実感が持てないでいました。そこで、働くことで社会とつながり、日本だけではなく多くの国について知ることで、自分の世界を広げたいと考えたのです。
当初は、大学院での研究とも関連した分野であり、スケールも大きい発電所の仕事に携わりたくて、エンジニアリング系の企業に絞って就職活動を進めていました。商社はほとんど見ていませんでしたが、就活を進める中でMPSCの存在を知り、商社であっても案件形成から保証に至るまで発電所に携われると知ったことで、当社も視野に入れるようになりました。
最終的に当社を含む2社から内定をいただきましたが、面接で「人当たりがよく明るい方が多い」という印象を受けたことなどから、当社に決めました。

チームで協力して事業を完遂すること、若手にも裁量が与えられることが魅力

永石 平

入社当初はインド・バングラデシュ向けの契約履行業務、入札業務とパキスタンでの案件形成に向けた営業活動を行っていました。現在はバングラデシュでの契約履行業務に加えて実現可能性調査業務に携わっています。
「契約履行業務」とは、具体的には、入出金管理、輸送・財務手配、エンジニアの契約管理などのこと。そして「実現可能性調査業務」は、下請けとの契約締結、実地調査、客先との交渉などが主な業務内容です。
問題が生じたときは、部内のみならず他部門の方々と共に協力し、密に連絡を取りながら解決を目指します。また、客先や担当国の現地社員との日頃のコミュニケーションも大切です。
このようにチームワークで仕事を進めることは、人と人をつなぐ「仲介業」である商社ならでは。学部時代や修士課程時代には経験したくてもできなかったことなので、やりがいを感じています。また、当社では若手にも裁量が与えられ、営業の最前線に立たせてもらえているところも魅力です。何より、発電所の建設という社会的に意義のある事業に携われることに大きな手応えを感じています。
今後は、新規案件においてPrimeとして関わり、入札準備、客先および下請けとの折衝などにも先頭に立って取り組めるようになることが目標です。

永石 平
今村 勇太
碓氷 万里子
益子 澄香
永石 平
金 佳録
池田 泰介