インドネシアPT Indonesia Power(Persero)社より大型複合火力発電所建設案件を受注

2017.07.19

丸紅株式会社(以下「丸紅」)は、General Electric社(以下「GE」)及びPT Hutama Karya (Persero)社(以下「HK」)と共同で、インドネシア国有電力会社PT PLN(Persero)社(以下「PLN」)の100%子会社であるPT Indonesia Power(Persero)社(以下「IP」)より、タンバロロック複合火力発電所Block 3案件(以下「本案件」)に関わる一括建設請負契約を2017年7月14日に受注しました。本案件はIPによる過去最大規模の開発案件であり、出力は約780MW、総受注額は約410億円となります。

本案件はインドネシア中部ジャワ州スマランに位置する既存発電所に新規複合火力発電所を建設するものです。設計、調達から土木・据付工事、試運転までを手掛けるフル・ターンキー契約で、2020年中の完工を予定しています。ガスタービン・蒸気タービン、発電機等の主要機器はGEが納入し、土木工事をHKが担当、排熱回収ボイラーを含む関連補機の調達や据付工事等を丸紅が取りまとめます。
本案件は丸紅がGEと初めて共同で取り組む大型複合火力発電所建設(EPC*)案件であり、今後も良好なパートナーシップを発展させていきます。

丸紅はこれまでに全世界で約110,000MWの発電所建設に携わり、インドネシアにおいては本案件を含め合計約7,600MWの発電所建設実績に加え、IPP(**)事業においても約1,500MWの持分発電容量を有しています。堅調な経済成長下で逼迫する電力需要に対応すべく発電設備増強が数多く計画されている同国では、IP含むPLN子会社が発電所を開発する案件が増加していく見込みであり、本案件を通じてIPとの良好な関係を維持・発展し、今後も建設・運営の両面から発電所設備増強への貢献を目指します。

(*) EPC : Engineering Procurement Constructionの略。
(**) IPP:Independent Power Producerの略。独立系発電事業者。
以上
戻る
丸紅パワーシステムズ株式会社